宇宙花火を見てみよう! 〜JAXA S-310-42/S-520-27ロケット実験〜


★ 1機目打上予定日時(S-310-42) 2013年7月20日(土) 23:00:00 JST *
★ 2機目打上予定日時(S-520-27) 2013年7月20日(土) 23:57:00 JST *
 TMA放出は、打上時刻を基準として設定された秒時に実施されます。
 1機目の打上げを7月20日(土)23:00:00 JSTと仮定した場合、
☆ 第1回TMA放出予定時刻 23:01:10 JST 〜 23:02:50 JST
☆ 第2回TMA放出予定時刻 23:03:35 JST 〜 23:05:30 JST 頃
 リチウム放出は、打上時刻を基準として設定された秒時に実施されます。
 2機目の打上げを7月20日(土)23:57:00 JSTと仮定した場合、
☆ 第1回リチウム放出予定時刻 23:05:17 JST
☆ 第2回リチウム放出予定時刻 23:05:22 JST
☆ 第3回リチウム放出予定時刻 23:05:27 JST
... Last update:2013/7/20 16:00


TMA観測画像の例 (Clemson Univ., 2002)

 このページでは、S-310-42/S-520-27ロケット実験のうち一般の皆様にお届け可能な情報を記載いたします。解説項目は一般的なものですので、地上の気象条件や光害の状況に依存します。当てはまらない場合も十分にありえることをご了承ください。本ロケットの打上げは、7月20日〜7月26日の期間の同様の時間帯に、諸条件に該当する場合に実施される予定です。打上げ日時は、打上げ地点や観測地点での気象条件、超高層大気の状況、観測装置等の稼動状況など様々な条件を加味し、関係諸機関との調整の上、慎重に判断されます。観察・観測を予定される方々は、JAXAホームページの打上げ最新情報をチェックしてください。
 なお、諸条件を満たさず打上げ中止判断を予定時刻直前に行った場合については、本ページでの情報提供もJAXA正式発表の後まで更新できない予定です。あらかじめご了承ください。

【注意】ここに掲げる情報は、本実験に関わる現象の観察のため個人の責任の下で状況判断し行動される際の参考となることを期して提示いたします。ロケット打上げ日変更等や情報が事前に周知できない場合等に関わる被害、科学的予測に反して肉眼で十分に視認できない場合等の苦情については、観測チーム側では一切関知しませんので、あらかじめご了承ください。夜間の移動は交通安全等に注意し、観察は灯火のない状況でも危険のない場所にて、自己責任の下、行なうようにしてください。ご覧頂きありがとうございました。

 S-310-42/S-520-27号ロケット実験は、宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙科学研究所(ISAS)S-520型観測ロケットを用い、全国の大学・研究機関が共同で実施しているものです。地上から一部が観察可能と推察される「宇宙花火」放出器(LES)のほか、両ロケット搭載機器としてJAXAおよび関係大学・機関の努力により精密観測機器が製作され上空でのその場観測が実施されます。今回は地上観測の他、JAXA実験用航空機「飛翔」を用いた上空からの観測を実施します。リチウム放出機構(LES)については、JAXAならびに日本カーリット鰍ノより設計・開発されました。地上・航空機搭載観測装置は、北海道大学高知工科大学、ならびにフォトコーディングが設計・開発しました。リチウム発光を用いた超高層大気の地上・航空機からの光学観測については、北海道大学、京都大学、高知工科大学、米国Clemson大学の関連研究室メンバーが参加して進められています。

(c) Kochi University of Technology, 2013.